職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

【初めての方必見】カウンセラー選びで失敗しないために絶対に外せないポイント5つとは

 
カウンセリングで失望しないためには知識が必要
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

心理カウンセラーは本来悩んでいる人を助けるためにいる人です。 

 

しかし、実際にはカウンセリングになっていない仕方で相談者への対応している方が多いのも現実です。これまでに何人かのカウンセラーを経験した方であれば、きっと「ホントそう!」と思うことでしょう。

 

カウンセリングを受けたいと思ってカウンセリングを受けてみるものの、かえってより辛くなってしまったという方も多くいます。

 

実際のところ、カウンセリングそのものも大事ですが、安心して自分のことを打ち明けられるいいカウンセラーと出会うことが一番難しいと言っても過言ではありません。

 

細かい話で言えば、話のトーン、言葉のチョイスなどその人の特徴が相談者に合うかなどの相性問題は必ずあります。しかし、この記事でお伝えしたいのは、相性問題よりも前にチェックしておくべきポイントをシェアさせていただきたいと思います。

 

人の話を聴かないカウンセラーが多いという事実

悩みの相談に乗ってもらおうとカウンセリングを受けてみたのに、実際にはがっかりして帰ってくるというケースは珍しいことではありません。

 

相談者の話をしっかり聴かない
  • 仕事とはっきりと割り切りすぎている人
  • カウンセラー自身も似たような体験をしているために自分の体験と行動する
  • 教科書通りの一般理論を話すだけで何をしたらいいかを説明しない
  • カウンセラーの過去の体験や克服した方法を話す

もちろんすべてのカウンセラーがこのような特徴があるわけではありません。しかし、カウンセリングを受けてそれがトラウマになったり、カウンセリングを前向きになれないという方もいます。

 

カウンセラー選びで失敗しないために絶対に外せないポイント5

 

だからこそ、私から伝えたいこちらのポイント5つです。

カウンセラーが考え方・価値観を知る

カウンセラーの仕事観や取り組み方をチェック

カウンセラーの仕事観や取り組み方をチェック

 

これから受けてみたカウンセラーの方はHPやブログを持っていますか?もしサイトかブログがあるのであれば、プロフィールやその人が書いた記事をよく読んでみてください。

 

カウンセラーは心理学の専門的知識を勉強しているとしても、みな同じ方法でカウンセリングを提供するわけではなりません。その専門的知識を提供する上で相談者をどのように扱うかはその人のカウンセリングに対しての仕事観や価値観が必ず現れてきます。

 

完全に仕事として割り切って、やっつけ仕事のようにただ数をこなすようにして扱う人もいるでしょう。

 

もう長年カウンセリングを行っている方で、ご自身のサイトやブログを持っていない方がいます。またはサイトを持っていたとしても、長期間に渡って更新がされていないケースもあります。こうした場合、私個人としてはあまりおすすめしません。

 

今の時代に多くの人はネットで情報を探します。つまり、カウンセラーとして本当に人を助けたいと思うのであれば、悩んでいる人が有益な情報を得られるように、カウンセラー自らも情報発信したりするはずです。

確かに仕事としてのポリシーを曲げないということは必要かもしれません。しかし、実際に相談者がカウンセリングを受けるときはかなりの勇気が必要です。時には過去のカウンセリング経験で嫌な思いをしそれをまた繰り返ししまうんではないか、この人をカウンセリングを受けて本当に改善するんだろうかなどなど、多くの不安を抱えながら、本当に悩んでいる人は情報を探しています。

 

だからこそ、自分がどのような存在か知らせる、もしくは有益な情報を提供するくらいの真摯な姿勢があることは”いいカウンセラーの特徴”の1つと言えます。

 

トライアルがある、カウンセリングを受ける前に直接話せるかどうか

もし可能であるならは、これからカウンセリングを受けてみたい方に1回セッションしてみて、その方の話し方の雰囲気を確認してみてください。

 

相談者がカウンセリングでストレスを感じやすいポイントに次のものがあります。

  • 会話のリズムが合わない
  • まずは話したいのに、やたら質問してきて事実確認をする
  • 相槌しかしない
  • 相談者よりもカウンセラーのほうが話す

 

1回のセッションで上のような話し方をする場合は、別のカウンセラーを探してもいいかもしません。あなたに必要なのは、あなたのことを寄り添い受け止め、共に悩みに取り組んでくれるカウンセラーだからです。

 

カウンセリングが電話やLINE(メール)だけのやり取りはNG

ネットでは低料金を特徴に電話やLINE(メール)による相談サービスを提供していることがあります。もしあなたが悩んでいることがちょっと誰かに聞いてほしいくらいの悩みであれば問題ありません。

 

しかし、悩んでいることがなかなか離れなくて自分でもどうしたらいいのかと模索している方は別です。このサービス提供方法の問題点は、相談者の顔の表情が見えないことです。

 

あなたはコミュニケーションにおいて、言語と非言語とではどちらが重要だと思いますか?

1つのコミュニケーションを100%とすると、言語と非言語の占める割合はどれくらいだと思います?

 

カウンセラー

 

 

それでは正解です!

 

心理学では

 

言語:7~10%

非言語:90~93%

 

の割合で非言語部分が重要とされています。

 

つまり、相手の表情を見ないでカウンセリングをするということは、相手を理解する上で必要な情報の約9割を捨てた状態で行っていることになります。

 

文字ベースのコミュニケーションの場合、その文章の解釈が一致していなかったり、必要な前提知識が不足している場合、適切なカウンセリングはできません。

 

繰り返しになりますが、相談者はただ話を聴いてもらいたい、一時的に感情の高ぶりがあった場合などにはこうしたサービスはいいと思います。

 

しかし、相談者の悩みがいつも離れず、ココロが明るくならない場合にはおすすめしません。

 

会話の比率が約9:1くらい

2番目の特徴でも取り上げましたが、カウンセラーがあなたの話をどのように聴くかというのは最も重要なことです。

 

私が考える“理想的な”カウンセリング内の会話比率は、

相談者 9  :  カウンセラー  1   です。

もちろんカウンセラーも相談者に質問を交えながら、心理的状態を見ていく必要があるため、適度に質問をすることは当然あります。

 

カウンセリングをした結果、今日は8:2になったかなと思うこともありますが、それは大きな問題ではありません。

 

ここで押さえておきたいポイントは、

カウンセリングの半分以上、もしくは相談者よりもカウンセラーが話している時間のほうが長いことです。

その原因として考えられるのは

  • 相談者に自分の過去の体験を伝えて励ましたい
  • ただ単に話し好き
  • 仕事をできるだけ早く終われらせるために、アドバイスをしたほうが楽

つまり、すべてカウンセラーの都合です。

 

よく話すカウンセラーは相談者を助けたいという良い動機で行っているかもしれませんが、その反面、カウンセラー自身の価値観を押し付けていることに気づいていないこともしばしばあります。

 

カウンセラーがどのように話すかも大切ですが、「話す量」からもカウンセラーを判断できます。

 

カウンセリングで自分のことを客観視できるように助けてくれそう

スピリチュアルヒーラー

カウンセラーにも様々な種類がいますが、特に相性が出やすいのは、「スピリチュアル系カウンセラー」と呼ばれるジャンルです。

 

「職場でのうまく行かないのは悪霊が原因です。」

「これからあなたがすべきことは、『大地の繋がること』そうすれば送ったネガティブな感情は地球の中心部で無害化されます」

 

…。悩みの相談は職場での人間関係だったのに、その原因はまさかの想定外すぎる内容だったために、言われたときには全く呑み込めず。

 

こんな経験はありますか?こうしたヒーラーが合う方は合うのですが、合わない方は全く合いません。その受けているヒーラーがあなたの悩みを改善や軽減しているのであればそれを継続すればいいと思います。

 

しかし、疑問を感じている方は中断を検討してもいいかもしれません。

直感タイプの方にはいいのですが、冷静に理屈から考えて行動する人にとっては合わないケースが多いです。

 

カウンセラーとは、相談者の普段の思考やココロの状態を客観的に見るように助け、相談者自身が問題解決や改善に向けて取り組めるようにしなければいけません。

ですから、そのカウンセラーがサイトで話されることがとても抽象的すぎたり、具体的な行動などがはっきりわからないと注意が必要かもしれません。

 

まとめ

多くからいいカウンセラーを探し当てなければいけない

多くからいいカウンセラーを探し当てなければいけない

 

ここに挙げた5つの点を通して確認したいポイントはこれです。

 

このカウンセラーは私に「寄り添って」共に悩みを解決・改善するように取り組んでくれそうな雰囲気があるか

 

カウンセラーの自己満足に付き合うのではなく、進取の気性を持ってあなたの悩みに向き合ってくれる人こそが探すべきカウンセラーです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

私が「自分らしさ」を発見し、まわりの人も「笑顔」になったわけを無料で公開!

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

今のうちにゲットしてください。

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2019 All Rights Reserved.