職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

カウンセリングで効果が出やすい人の5つ意外な共通点とは

 
効果が出やすい人
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

カウンセリングは1回のセッションで劇的に変化を期待するものではありません。

そうは言っても、長期間に渡ってカウンセリングを受けているにもかかわらず、

本当に意味があるのかな?

女性

ココロの持ちようはカウンセリング前とほぼ変わらないんだようなぁ。

男性

これはカウンセラーの問題?私の問題?

男性

この時間は悪いわけじゃないんだけど、それほど意義深さも感じないだよね

男性

というふうに悶々とした状態になっているかもしれません。

 

確かに、カウンセラーの力量不足や適切でない仕方でのサービス提供によって、相談者に改善の効果が見られないことがあるのも事実です。明らかにカウンセリングを辛く感じてしまうなら今すぐに中止を、どうもしっくり来ないという場合にはそのカウンセリングを中断しても良いかもしれません。

 

カウンセラーが行なうサービスの質によって相談者に出てくる効果は異なるのは紛れもない事実です。しかし、それと同時に、カウンセリングで効果が出やすい相談者には面白い共通点もあります。

 

今回の記事では、その共通点について取り上げます。

① 自分の内面(思考・感情)に敏感である

自分の感情と思考に敏感

自分の感情と思考に敏感

 

カウンセラーは、相談者に提案をすることはあってもアドバイスはしません。問題の解決策は本来に相談者の中にあることが前提です。

カウンセリングは、カウンセラーを経由して自分と対話していくことです。

自分の何かを変えたいと思ってカウンセリングを申し込んでいるにもかかわらず、最終的に自分のココロのうちを探ることを受け入れない場合には自分との対話が進まないので、当然効果は出にくくなります。

 

カウンセリングの最終目標である「自分のことを深く知り、認め、肯定していく」ためには、自分があるときにはこう感じる、こう考えているということを認めることがカウンセリングの第一歩になります。

 

② 自分を一歩引いて見れる冷静さ

何事も感情ベースに思考や行動をすると、望ましい結果を得ることはできません。カウンセリングを通して自分を振り返ったとき、実際自分は「こういうとき、いつも私は〇〇と感じている」と事実に注目しながら自分を受け止めていく必要があります。

次に、そこで見つけた感情に至った「思考」の癖を解析していく必要があります。

「思考なくして感情は生まれません。」

必ず何らかの思考しているからこそ、あなたの中に感情があります。

このように、事実から自分を紐解いていくために、落ち着いて冷静に見つめる覚悟が必要です。

 

③ 気づきを“自分なり”の言葉で表現して確認する

誰かに何かを教えてもらい、その内容を本当に理解できたかをチェックできたかを確かめる場合、みなさんならどうしますか?

 

おそらく“自分なりの言葉で”アウトプットすることでしょう。

 

その自分の言葉で表現した内容の一部のポイントがズレている場合、さらに理解できるように説明を加えてもらいます。

このようにして、一方的にカウンセラーから言われたことを聞いて、受け入れるだけでなく、積極的に相互でのやり取りがあります。

 

このやり取りこそが、信頼関係を築くプロセスです。

 

④ 想像力を働かせ、”気づき”を自分なりに当てはめられることを探す

想像力を働かせて当てはめられる点を探す

想像力を働かせて当てはめられる点を探す

 

カウンセラーが伝えたいポイントを理解した後、想像力を使い、その内容を具体的にどのように自分の生活に当てはめられるか、どんな行動、思考をすべきかを考えていきます。

 

人は頭の中でイメージできないことを行動に移すことは難しいものです。しかし、具体的にイメージができれば、取り組む意欲を高められます。

 

何かに悩んでいるとき、問題点を整理することができるだけでも、何も状況は変わらないにもかかわらず、ココロの持ちようは変わっていくものです。

 

自分なりに取り組むべき具体的な行動がイメージできるようになると、「解決に一歩近づいた」とポジティブに考えられるようになります。

⑤ 今の状況を「何とかしたい!」という覚悟

ここまで取り上げてきた上の共通点には、これが根底にあり、これがあるかないかで大きな違いを生み出します。

 

今の苦しい状況から抜け出したいという動機で全く問題ありません。「自分の人生に対して自分が責任を持つ」。自分でこの苦しいときを乗り越えていくんだという決意がある人はそれだけ必死に取り組みますし、気づきも多く、効果も出やすくなります。

 

一方、カウンセリングを始めたものの、ココロのどこかで「今までも変われなかったんだから、どうせ何もかわらない」と思っているとしたら、それは取り組み方に現れますし、効果も出にくくなります。

 

個人的な「気づき」はあなたの人生を豊かにする

せっかく時間とお金を投資する以上、カウンセリングの効果を最短、最速で出したいと思うのは当然です。だからこそ、今すでにカウンセリングを受けてなかなか効果を体感できない方を一度参考にしてみてください。

少し自分にとって負荷のかかることに取り組む場合は、明確な目標や決意がどうしても必要です。カウンセリングに限らず、仕事にもあてはまる点ですが、一度覚悟を決めて最後まで徹底的に取り組んでみるほうが結果も出やすく、それは結果として自分に返ってきます。

 

カウンセリングは今まで自分ではなかなか知り得なかったものを「気づく」いい機会です。そこで得た気づきをあなたの家族や友人にシェアすることで他の人に貢献することさえできます。

 

まとめ

  1. 自分の内面(思考・感情)に敏感である
  2. 自分を一歩引いて見れる冷静さ
  3. 気づきを“自分なり”の言葉で表現して確認する
  4. 想像力を働かせ、自分なりに”気づき”当てはめられることを探す
  5. 今の状況を「何とかしたい!」という覚悟
最後まで読んでくださりありがとうございます。

今後も少しでも有益な情報を伝えていきたいと思っています。私のモチベーションにもなるので、この記事を読んで共感した!よかった。と思ったら下の「いいね!」ボタンをポチっとお願いします。こういう記事を書いてほしい!という要望がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からリクエストをお待ちしております。

私が「自分らしさ」を発見し、まわりの人も「笑顔」になったわけを無料で公開!

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

今のうちにゲットしてください。

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2019 All Rights Reserved.