職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

 
自己肯定感が低い人の思考パターン7つ
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら
  • 自分に自信が持てない…
  • いつも何かネガティブになってしまう…
  • うつになったりしないけど、ポジティブとはそんなに思わない

 

 

こんなふうに自分のことを感じている人は少なくないと思います。

 

日々の日常生活の中で自己肯定感を味わうことは非常に大事ですが、その機会を知らず知らずのうちに自分でつぶしていることがあります。

 

それは別の記事で紹介したドライバーが関係しています。

 

ドライバーの影響を受けてどんな思考があると、自己肯定感が低いままになるのでしょうか?

 

この記事では、自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7種類について解説します。

 

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

心理学の交流分析(TA)には「プロセス脚本」というのがあります。

 

これは、「人はそれぞれ自分に対して持っているシナリオ」のことで、その種類は7つあると言われています。

 

誰でもそのうちの1つもしくは複数の脚本を組み合わせて、日々の生活を送っています。

 

しかし、その脚本にいつも囚われていると自己肯定感が低いままになってしまいます。

 

プロセス脚本

①「~までは」脚本

② 「~の後では」脚本

③ 「いつもいつも」脚本

④ 「決して~」脚本

⑤ 「もう一歩のところで」タイプ1脚本

⑥ 「もう一歩のところで」タイプ2脚本

⑦ 「結末のない」脚本

 

① 「~までは」脚本

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

「良いことは、ある程度良くないことが済むまでは起こらない」という脚本パターンです。

 

具体例
  • 「この大事なプロジェクトが終わるまでは〇〇はお預けにする」
  • 「今日は上司からのOKがもらえるまで帰らない」

 

◆ 強く関係するドライバー:

完全であれ、強くあれ

 

② 「~の後では」脚本

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

「いいことがあると必ずその後には悪いことが起こる」という脚本パターンです。

 

具体例
  • 「同僚と飲み会で楽しんだ後は、嫌味を言ってくる妻が家で待っている」
  • 「若いうちは楽しかったけど、もう年だからだめだね~」

 

◆ 強く関係するドライバー:

「他人を喜ばせよ」(自分は楽しんではいけない)

 

③ 「いつもいつも」脚本

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

「いつもいつも自分に嫌なことが起こる。」という脚本パターンです。

 

自分はいつも満足しない環境にいる(べき)人という思い込みがあり、自分が選択した良くない人間関係や仕事環境から離れようとしない傾向があります。

 

具体例
  • ブラック企業で働き続けてしまう
  • 結婚&離婚を繰り返してしまう
  • 転職を繰り返す

 

◆ 強く関係するドライバー:

「強くあれ」「他人を喜ばせよ」

 

④ 「決して~」脚本

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

「自分は一番欲しいものを手に入れることは決してない」という脚本パターンです。

 

手に入れること(結果)がいけないのではなく、それを手に入れるために努力することも否定するため、努力する前から諦めるのが特徴です。

 

努力しても結局は手に入れることはできないと自分で決めてしまいます。

 

具体例
  • 「会社の中で出世したくても私は決して選ばれることはない」
  • 「海外転勤したいと思っているが、希望を上司に知らせない」

 

◆ 強く関係するドライバー:

「強くあれ」「他人を喜ばせよ」

 

⑤ 「もう一歩のところで」タイプ①脚本

職場の人間関係で疲れる会話パターンの種類

「正にあとちょっとのところまできてできない」という脚本パターンです。

 

具体例
  • 「プレゼン資料をちゃんと準備したのに、そのファイルを忘れてしまう」
  • 「いつも最終面接で失敗して就職内定を逃してしまう」

 

◆ 強く関係するドライバー:

「他人を喜ばせよ」「努力せよ」

 

⑥ 「もう一歩のところで」タイプ②脚本

仕事の続かない根本原因は職場の人間関係で溜まったモヤモヤ

常に「もう一歩」と強く思っているため、実際に達成していることの喜びを味わうことができないという脚本パターンです。

 

具体例
  • 「目標の受注契約数を達成しているのに、すぐに次の上の数を目標にしなければ」

 

◆ 強く関係するドライバー:

「他人を喜ばせよ」+「完全であれ」

 

⑦ 「結末のない」脚本

自己肯定感が低い人に共通する思考パターン7つをチェック

この脚本には短期的なものと長期的なものがあります。

 

短期的な脚本
  • 短期的な目標を達成したあとに、何をしていいかわからない状態

 

長期的な脚本
  • 定年のあと(子育ての後)はどのような人生設計していけばいいいかわからない状態

 

 

◆ 強く関係するドライバー:

「他人を喜ばせよ」「完全であれ」

 

まとめ

プロセス脚本
① 「~までは」脚本
② 「~の後では」脚本
③ 「いつもいつも」脚本
④ 「決して~」脚本
⑤ 「もう一歩のところで」タイプ1脚本
⑥ 「もう一歩のところで」タイプ2脚本
⑦ 「結末のない」脚本

  • ドライバーの影響で思考パターンが固定化されやすくなる
  • 持っているドライバーによって特徴が異なり、プロセス脚本を持っていると自己肯定感が低くなる

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今後も少しでも有益な情報を伝えていきたいと思っています。私のモチベーションにもなるので、この記事を読んで共感した!よかった。と思ったら下の「いいね!」ボタンをポチっとお願いします。こういう記事を書いてほしい!という要望がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からリクエストしてください。お待ちしております。

【期間限定】

人との”最適な距離感”がわかる性格分析シート

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

予告なしに非公開になる可能性もありますので、

今すぐ受け取ってください!

 

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2020 -2021 All Rights Reserved.