職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

このマインドセットであなたの人生は天と地ほど変わる!

 
マインドセット
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

「99%の努力を持ってしても1%の才能に劣る」

 

確かに、とても才能豊かな人にはかなわないと感じることはあるでしょう。

 

しかし、それほどまでに持っている才能や能力でわたしたちの人生は左右されるんでしょうか?

 

言い換えると、

あなたは今自分が持っている能力を伸ばせると思っていますか?

それとも

自分の能力は生まれながらにしてあるものだからこの先も基本的に変えられないと思っていますか?

 

 

今日はこのテーマで一人の博士が行なった研究についてシェアしたいと思います。

 

マインドセットが結果と満足感を大きく変えるという研究

——————————

キャロル・ドゥエック博士:

キャロル・ドゥエック博士

画像引用:Wiki

スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な権威。イェール大学で心理学博士号を取得後、コロンビア大学、ハーバード大学で教鞭を執り、現在に至る。人間の思考様式への関心は30年来で、モチベーション、人間関係、メンタルヘルスに関する研究で大きな業績をあげてきた。

——————————

 

ここでご紹介するのは、キャロル・ドゥエック博士が行なった、ある思春期初期の子どもたち数百人を対象にした実験です。

 

まず生徒全員に、非言語式知能検査のかなり難しい問題を10問ほど解いてもらいます。ほとんどの生徒がまずまずの成績で、終わった後でほめ言葉をかけます。

 

このときに2つのグループに分けます。

施策①

1つはその生徒の『能力』をほめたグループ。

「まあ、8問正解よ。よくできたわ。頭がいいのね

 

もう1つは、その生徒の『努力』をほめたグループ。

「まあ、8問正解よ。よくできたわ。頑張ったのね

 

このグループ分けをした時点では、両グループの成績はほぼ違いはありませんでした。

 

しかし、褒めた直後から、そのグループ間に差が出はじめます。

 

最初の能力を褒められたグループの生徒たちは新しい問題にチャレンジするのを避け、せっかく学べるチャンスを逃します。

 

一方、努力を褒められたグループの生徒の約9割が、積極的に新しい問題にチャレンジし、学ぶチャンスを逃しませんでした。

 

施策②

続いて、生徒全員になかなか解けない問題を出します。

 

能力を褒められたグループの生徒たちは、自分はちっとも頭が良くないと思うようになり、さっき問題が解けたのもたまたまで、実はそんなに頭がないんでは?となり、ますます消極的になります。

 

一方、努力を褒められたグループの生徒たちは、当然のように、なかなか解けないのだから「もっと頑張らなくちゃ」と考えます。解けないことを失敗と思わず、自分の頭が悪いからとも考えませんでした。

 

この2つグループの決定的な違いは?

問題を解いているときの取り組み方感想が決定的に違います。

 

能力を褒められたグループの生徒たちは、難問で答えられなかったときに面白くなかったと回答。

 

一方、努力を褒められたグループの生徒たちは、難問が出ても解けないのが当たり前と思うため、むしろ難問のほうがたくさんのことを考えてため楽しかったと回答したようです。。

 

 

違いを生んだ2つのマインドセット

キャロル博士は、人には2つのマインドセットがあると考えています。

 

① しなやかマインドセット(Growth Mindset)

「人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすことができる」という考え方

人は一種の健全な「思い込み」によって、大きな違いが生まれます。

なぜなら、「思考」⇒「行動」⇒「態度の形成」と連動するようになっているからです。

しなやかマインドセットの好循環

  • 自分の弱みや欠点を直視し、受け入れ、真摯に改善していこうとする。
  • 結果よりもコツコツと取り組むことも大事+その努力は必ず何かに役に立つ。
  • 困難にぶつかったときに「何とか乗り越えるぞ!」と前向きになれる。
  • 何か自分に問題が降りかかったときに、決して他人のせいにしない
  • 健全な「自尊心」を持てる
  • 他人の成功から学びや気づきを得る。
  • いい変化を遂げるために必要な情報に敏感になれる
  • できることが増えて、達成感満足感を得られる

 

② 硬直マインドセット (Fixed Mindset)

「自分の能力は自力ではどうすることもできない、変えることはできない」という考え方

 

硬直マインドセットの悪循環

このマインドセットを持っているとどのような思考や物事の取り組み方になると思いますか?

  • 自分の弱みや欠点から目を逸らし、言い訳がましくなる。
  • 他人からのネガティブな意見は無視する
  • 自分に自問する力が鍛えられず、あきらめやすい
  • 努力することはカッコ悪いと思っており、目先の結果を重視する。
  • 問題や失敗をすぐに他人や社会のせいにする。
  • 壁にぶつかったらあきらめやすく、他力本願になる。
  • 他人の成功を脅威に感じる。
  • 自己肯定感が低く、プライドが高くなる。

 

結論

・人の能力は努力次第で向上できるということ

・あなたがどちらのマインドセットを持っているかで、生活や人生は大きく変わる

 

硬直マインドセットを持っていても、最終的に自分の可能性を否定していく思考パターンを作り出していき、「喜び」を奪い取ります。

 

一方、しなやかマインドセットは自分で勝手な限界を作ることなく、変化に順応しやすく、「挑戦⇒達成⇒喜び⇒別のことに挑戦」という良いサイクルが出ていきます。

 

自分の能力に対しての味方が「上から目線」の態度にもつながりやすいという研究もあります。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今後も少しでも有益な情報を伝えていきたいと思っています。私のモチベーションにもなるので、この記事を読んで共感した!よかった。と思ったら下の「いいね!」ボタンをポチっとお願いします。こういう記事を書いてほしい!という要望がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からリクエストしてください。お待ちしております。

私が「自分らしさ」を発見し、まわりの人も「笑顔」になったわけを無料で公開!

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

今のうちにゲットしてください。

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2019 All Rights Reserved.