職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

友達とフェリーで猿島に行ってきた&こぼれ話

 
猿島ツアー
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

猿島に船で行ってきました。

今日は友人が茨城から泊りに来てくれたので、ずっと行きたかった「猿島(Sarushima)」に行ってきました。

ここは無人島ということでまったく得体の知れないものだったので、興味深々w

 

無人島の洗礼?

下船してからすぐにレンタルBBQ屋さんと売店がありました。

アメリカ人男性2人と日本人?女性2人のグループがスタッフとのやり取りが聞こえてくる。

 

スタッフ

「そうですね~道具を貸し出すことが可能なんですが、やはり焼く具材がないとダメですね( ^ω^)・・・

 

そのグループはきっと具材もどこかで買えると思ったんだろうけど、ここは何と言っても「無人島」。

 

このレンタルBBQの近くに売店があったが、それは「6・7・8月のみ」の営業自販機はありました

ビジネスの観点で考えたら、ずっと営業するのは難しいんだろうなぁ…。

 

にしても、猿島に到着したのが、14:50くらい。でも帰りの最終フェリーは17:00。

 

約2時間で火おこし、具材調達、片付けを行なおうとしたんだろうか?

さすが!American!Wonderful!

 

昔の雰囲気漂う

下船すると、遊歩道が整備されていて、行きたい方向に進めて、最終的に島内を一周できるルートになっている。

 

ここに来ると、いかにも「明治!!!!」という雰囲気になる。

猿島

 

こういうのを見ると、

  • 当時の人はここでどんなことをしたんだろうか?
  • どうやって食糧を得ていたのか?
  • 戦争当時どんな状況だったのか?

などなどたくさんの疑問が出てきてはそれを思い巡らすのが好きです。

(すいません、上の質問の答えはわかりません。ただ妄想しただけです。笑)

 

無人島だから鳥の鳴き声が豊か!

実際に猿島に行ってみると、鳥が多くいて、いろんな鳴き声が聞こえてきます。

 

うちの妻も鳥の鳴き声の真似をしすぎて?喉を傷めたようですw

 

猿島から本土のほうを見ていると、トンビがカラスを上空で襲っていました。

やはり、サバイバルですね・・・。

 

無人島の治安は誰が守る?

猿島への船に乗船する前に警察官3人が近づいてきて、スタッフの方と話していました。

 

どんなことを話しているんだろうと思いましたが、ここらへんには警察官がかなりたくさんいるのでそこまで気にしていませんでした。

 

しかし、猿島で下船した際に

猿島の治安

なんとその警察官たちを発見!そして下船していきました!

 

確かに無人島だから何かあったときにはすぐに駆け付けられないから、定期的に循環パトロールしているのかと思いました。(あくまで予想。)

 

パトロールとは言え、私たちの前を談笑しながら楽しそうに進んでいきました。

いつもパトロールありがとうございます。

 

初めて見た大きな〇〇〇

島をだいぶ周り、海の目の前まで行き、岩場で写真を撮り、元の場所に戻ろうとしていました。

 

すると、前のほうで悲鳴が!!!!

悲鳴

そこには私も初めてみる大きさのムカデ・・・。

ムカデ

体調10cm以上ですごい迫力でした。

なかなか写真では伝わらないのが残念・・・。

 

豆知識
ムカデはいつもつがいで生活しているので、家でムカデを見つけたときにやっつけてしまうと相方が復讐しに出てくる怖い存在

 

カップルはカップルでも…

デートスポットという要素もある猿島ではありますが、私たちが行ったときには、写真撮影をし合うカップルを何組か見かけました。

 

若い女性とガチなカメラマンの組み合わせ

あの2人は夫婦?カップル?いや、撮影を依頼しているカメラマン?

結局答えが出ず。

 

道を通る真横できめ顔とポーズを取る彼女さんとそれをうれしそうに取る彼氏さん

彼氏さんはどこかメイクも少ししていて個性派風。

 

一眼レフカメラで交互に写真を撮り合う仲睦まじいカップル

 

それぞれ想い想いに撮影を楽しんでいるのが微笑ましかった。

 

乗船前の悲劇

最後に帰りの船に乗るためにゲートに向かっていたところでした。

 

私だけ少し前を歩いていて、ほかの3人は一緒に歩いていました。

すると、その3人のところにトンビが〇を投下

トンビ

 

私以外の3人は見事に洋服や頭に「」が付いてしまい、急いでトイレに行き緊急対応。

 

いや~、思い出深い猿島の旅になりました。友達との小旅行もいいものですねぇ~。

乗船場

 

PS:船の最終便は17:00。市の条例で17時以降に滞在することはできないらしい。16:30くらいから猿島で働いているスタッフの方は真剣に身支度をしていました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
今後も少しでも有益な情報を伝えていきたいと思っています。私のモチベーションにもなるので、この記事を読んで共感した!よかった。と思ったら下の「いいね!」ボタンをポチっとお願いします。こういう記事を書いてほしい!という要望がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からリクエストをお待ちしております。

私が「自分らしさ」を発見し、まわりの人も「笑顔」になったわけを無料で公開!

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

今のうちにゲットしてください。

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2019 All Rights Reserved.