職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

パワハラ事例:パナソニック内定者自殺から人事課長を考える

 
パワハラ事例:パナソニック内定者自殺から人事課長を考える
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら
Panasonic内定者自殺問題

Panasonic内定者自殺問題

 

パナソニックの子会社(パナソニック産機システムズ)の内定者が自殺

就職が内定している企業の人事課長からパワーハラスメントを受け、大学4年の男子学生(22)が入社2カ月前にみずから命を絶ったとして、遺族の代理人弁護士らが9日、記者会見した。

人事課長は、入社時の配属への決定権をちらつかせながら、内定者でつくるSNS交流サイトに毎日書き込むよう強要していたという。会社側も取材に「行き過ぎた行為があった」と認めた。

 

会見した川人博弁護士によると、死亡した男子学生は2018年春にパナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)から新卒採用の内定を得た。同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていた。人事課長(当時)は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを求めたという。

 

「誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています」

 

「毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます」

 

川人弁護士によると、18年7月ごろから人事課長がSNSに投稿するこうした言葉で次第に追い込まれていった。書き込みが少ないといった理由で内定者をSNSから排除したり、「無理なら辞退してください、邪魔です」などと内定辞退に言及したりしたほか、「ギアチェンジ研修は血みどろになるくらいに自己開示が強制され、4月は毎晩終電までほぼ全員が話し込む文化がある」などと入社後の過重労働を示唆したりしていたという。

 

男子学生は2019年1月以降、就職について迷いを口にするようになり、同年2月に自殺したという。直前には、人事課長からの投稿について「きつい」「つらい」「死にたい」と吐露していた。当時22歳の大学4年生で、同年4月に入社する予定だった。弁護士らは約1年にわたり調査をしてきた結果、人事課長のハラスメント行為で精神疾患を発病し、自殺につながったとみている。

 

出典:朝日新聞

 

パナソニックの人事内定者自殺

出典:NHK

亡くなった男子大学生の遺族のコメント(全文):

2020年4月9日

父・母

 

息子は、2018年5月にパナソニック産機システムズ株式会社から内定を得ました。息子は、他の会社からも内定を得ていたのですが、この会社はパナソニックグループの会社だし、研修もしっかりとしているとのことで、「ここなら自分が成長出来るのではないか、ステップアップ出来るかもしれない」と言って、この会社を就職先に決めました。

 

息子は、2018年7月頃から、内定者交流サイトの活動を始めました。息子は、ログインして、コメントを付けることや、課題とされた図書を読んでの感想も投稿しなければならないなど、常時、サイトへの接続を強いられるようになりました。課題とされた図書も通販で探して購入し、家には大量にあります。旅行に行った際にも、図書とパソコンを持ち込み「楽しめなかった」と言っていました。インターンシップや懇親会などもサイトで参加を呼びかけられて参加し、多忙を極めていました。息子は、常に内定者交流サイトに接続し、毎日、人事課長Aの投稿を読み、そこでの課題をこなすなど、内定者交流サイトを通じた活動が生活の中心を占める様になりました。

 

更に人事課長Aは、自分は「自分の評価によって、あなたをどの様な配置もできる」「入社後はもっと厳しい状況が待っている」とこの様な言葉を使って息子を追い込んでいきました。息子は、「人事が威圧的」「圧力が凄(すご)い」と漏らす様に言っていました。息子は、内定者交流サイトでの活動に疲弊し、人事担当者からの心理的な拘束と圧迫に耐えかね、そして就職先の会社に絶望して、自死してしまいました。

 

息子が就職先にこの会社を選ぶことがなければこんなに早く旅立ってしまうことはなかった、あの日に戻れるなら戻りたいと思うと、毎日涙が溢れ、悔やんでも悔やみきれません。

 

これからの楽しい未来も奪われ、大学から社会に巣立つ間近で、この様な事になってしまい、追い詰めた人事課長Aや、それを放置していた会社を、一生許す事が出来ません。

会社に対しては、私達にとってはたった一人のかけがえのない自慢の息子が亡くなってしまった事の重大さをしっかり受け止め、この様な事が二度と起こらない様に根本的に会社運営を見直して欲しいと思います。

 

パナソニック株式会社に対しては、パナソニックという看板を信頼して息子は入社したのに、パナソニックグループであるからこそ安心して息子を任せたのに、このようなことが行われていたと思うと、パナソニックのロゴを見るだけでも怒りが湧き、裏切られた気持ちです。以上

 

(朝日新聞デジタルより引用)

 

内定者向けのSNSサイトが問題なのではない

自殺してしまったこの学生は将来設計を自分なりにきちんとした研修を受けて、自分なりのビジネスライフ・キャリアを考えていたに違いありません。

 

またニュースで取り上げられている内定者向けのSNSサイトは内定者離れを抑制するため、入社までの意気込みや士気を高めるために内定者との交流を続けるために広く一般的に使用されています。

 

内定者への対応の仕方が支配的&脅迫的だった点が問題

ギャップに耐えられない

しかし、今回内定者自殺事件の大きな要因、内定者が予想していた会社の態度・雰囲気と実際の人事部の課長の態度の大きなギャップと考えられます。

 

確かに、内定直後から内定者に大量の課題を出し、レポート提出を課す会社は珍しくありません。

 

しかし、今回のパナソニックの事例で適正でなかったのは、過度に不安を煽り、脅迫的な内容が多かったことにあります。

 

内定が決まった時点では、良い会社に入社できる!さあがんばろう!と将来に期待を膨らませていたに違いありません。

 

そして内定者も入社前の課題もある程度大変になることは予想していたに違いありません。

 

しかし、決定的に次の2つのことが内定者の精神を追い詰めて行ったと可能性があります。

 

① 会社の姿勢が威圧的で、会社は自分を大事にしてくれないという絶望

内定後は多くのことが要求されました。

  • 大量の読書とレポートの提出
  • 常時内定者向けサイトへのログイン
  • 内定者向けサイトへの毎日の書き込み
  • 会社企画のイベントの参加
  • 人事部からのメッセージに即時応答

内定発表後の7月から内定者用サイトでの交流が義務付けられ、パナソニックの理念や愛社精神を植え付ける教育を受けます。

 

内定者ではあってもまだ学生です。常に会社と何らかの繋がりを強要され、今回パワハラを行なっていた人事課長からのメッセージが特に支配的でした。

 

書き込まれたコメント

引用:朝日新聞デジタル

  • サイトやってないような奴は、丸坊主にでもして、反省を示すか?
  • 俺は徹底して、露骨にエコ贔屓するからね。
  • なめるなよ、54のおっさんを!
  • だまされたのかと思うと悔しくて、沸々と怒りが湧いてくる
  • 誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています
  • 毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます

 

まだ入社していないが、人事部の要求に常に応え続け、死に物狂いで頑張れ!そこまでできない人は入社なんかしないで辞退しろ!という脅迫的なメッセージです。

 

② 不必要に将来への不安や競争の煽りすぎた

不安や競争を煽る

内定者は旅行に行ったときですら、会社の課題を行なうために本を持参していたようです。

 

今の課題を期限内に終わらせなければ…という想いでいつも何かに追われ、支配されている状態に精神的にリラックスできる時間を見つけることができなくなっていったはずです。

 

今の段階でさえ現状に付いていくのも必死なのに、内定者向けサイトで「入社後はもっと厳しい状況が待っている」とか「自分の評価が今後の配置に影響する」などと言われることで入社後はさらに精神的にも身体的にも追い詰められてしまうと考えてしまうのは当然です。

 

パワハラの根底にある心理は歪んだ自己愛

指摘癖のあるパワハラ

問題になったこの人事課長は自身の仕事・役割をしっかり果たそうと考えて指導しようとしたのかもしれません。

 

昭和の生まれの中高年の方の中には葉っぱを書ければ奮起して結果を出してくれるという古い価値観を持っている人がいます。

 

確かに昔は叱責や咤激励が当たり前で、それを飲みにケーションでフォローというスタンダードがあったかもしれません。

 

しかし、その文化は現在の社会にはもう通用しません。咤激励は本来定常的に行なうものではなく、「さあここは踏ん張らなければ!」という状況のときに行なうからこそ結果が出るものです。

 

しかし、今回のケースは異なります。

 

確かに、立場ゆえに指導や命令をすること自体はおかしなことではありません。しかし、これから入社する人に対して「上司」としての自己愛を満たそうするあまり、暴走している自分に気づくことができなかったと思います。

投稿されているコメントからもわかりますが、これまでの自分のキャリアにとてり誇りを持っており、自分の優位性や権威を内定者に敢えて見せています。

 

うまく内定者を誘導したり、元気づけて目標をクリアできるようにサポートすることによって、上司(指導する立場)としての自己愛を確認するということであれば健全な感覚です。

 

しかし、相手を威圧的・支配的な発言を繰り返し、相手の精神を追い詰めていくのはもはや指導ではなく、自分の歪んだ自己愛を満たしたいというだけのことにあります。

 

支配的な関係を作りあげ指摘や煽りをするゲーム

 

こちらの記事の「あらさがし」という項目でも書きましたが、パワハラをしてしまう人は、自分の優位性を誇示することや他人のできていないことを指摘することが自己愛の確認をしています。

 

このゲームが特徴の人が直属の上司である場合、状況を真剣に考えなければいけません。

 

なぜなら、これは被害を受けている側がまともに問題のある上司と話し合ったところですぐに改善できるようなレベルの話ではないからです。

 

あなたがパワハラを受けたら

パワハラを相談

会社の中に相談できる部署があるならば、まず相談や報告をしたほうがいいです。パワハラを行なう社員がいる部署は百害あって一利なしの状態です。

 

相談した部署や機関から、有効な対策を期待できない場合には、転職や休職を検討する必要があります。なぜなら、会社は変えることができますが、人の精神が一度壊れると取り返しがつかなかったり、再生できたとしても何年も掛かる可能性があります。

 

まとめ

  • 問題の人事課長は古い価値観に基づいた接し方をし、精神的に追い詰めた
  • パワハラの原因は歪んだ自己愛で、その欲求を満たすために内定者を利用した
  • パワハラを受けたら、まず相談・報告。自力で解決することは不可能です。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今後も少しでも有益な情報を伝えていきたいと思っています。私のモチベーションにもなるので、この記事を読んで共感した!よかった。と思ったら下の「いいね!」ボタンをポチっとお願いします。こういう記事を書いてほしい!という要望がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からリクエストしてください。お待ちしております。

私が「自分らしさ」を発見し、まわりの人も「笑顔」になったわけを無料で公開!

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

今のうちにゲットしてください。

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2020 All Rights Reserved.