職場での悩みがふっと軽くなる情報が満載!

性格分析シートを無料でGETしよう!

職場の人間関係でイライラするときに必要なマインド3つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

今この記事を読んでいるあなたもこのツイートのように感じたことがありますか?

 

これまでの仕事のストレスだけでなく、コロナの影響を受け状況に適合するために、よりストレスが掛かりイライラする方は増えています。

 

そんなときに、

あいつが〇〇しなければ、どんだけいいか…

社員

〇〇さえなければいいのに…

社員

 

こんな風に感じたことはありませんか?

 

ストレスが掛かっているときはとかく攻撃的になったり、「他責思考」になりがちです。

 

それがよりネガティブなスパイラルから抜け出すのを妨げる要因になります。

 

 

この記事では、イライラするときにこそ持っておくと自分を楽にできるマインド3つをご紹介したいと思います。

 

職場の人間関係でイライラするときに必要な3つのマインド

Point
  • 他人を変えるよりも自分を変えるほうが早い
  • 自分の期待値を見直す
  • 自分で変えることができないことは悩まない

 

他人を変えるよりも自分を変えるほうが早い

人は一般的に言って、他人に変わってもらうことを期待しがちです。しかし、実際には自分が思ったようにならない状況が続き、さらにイライラが続き悪いサイクルができていきます。

 

人が変えられるのは、「状況、他人、自分」の3つのどれかです。

 

もちろん自分の行動で直接的に状況を変えられれば、それほど悩むことはないはずです。

 

その状況を変えるためには、他人を変えるよりも自分を変える努力をするほうが効果的です。

 

人は誰でもそれまでに生きてきた中で築いてきた価値観があります。

  • ~は〇〇べき。
  • ~は〇〇というもの。

 

誰かに自分の価値観を調整するように求められたとき、すぐに受け入れられますか?

 

今まで持ってきた価値観を修正することに人は強い抵抗を感じるものです。年齢を重ねたり、特定の分野で成功体験がある場合はなおさらでしょう。

 

だからこそ、他人から変化を求められても実際に変化することはかなり難しいことであり、たとえ変化を遂げることができたとしてもかなりの程度時間を要するものです。

 

人は本当に変化するときは、変わるべき理由や変わりたいという動機付け(感情)が自分の中に落とし込めたときです。

 

自分の期待値を見直す

怒りはとてもシンプルに言うと、「期待」と「現実」のギャップで発生する感情です。

自分が物事を期待した通りにコントロールできないときに出てくる感情とも言えます。

怒りの感情の根源はわたしたちの期待値なのです。当然期待値が高ければ、怒りの感情を持つ機会は増えます。

 

そこで、「自分の期待値を見直すこと」は相手を変えずに自分を変える1つの有効な手段です。

 

  • そもそも自分が持っている期待は高すぎないか?
  • 自分の期待値を下げることはできないか?
  • 自分では〇〇できないと困ると思っているけど、本当にそう?

 

このように自分自身に自問してみることで、自分の期待値を修正できる分野がないかを冷静に考え直してみることがオススメです。

 

まさにこれ!怒りに任せて動いちゃいけないです!

 

自分で変えることができないことは悩まない

 

人は怒りや悲しみのようなネガティブな感情が大きくなっているときには理性で判断する能力が低下します。

 

だからこそ、そういうときには意識的に「取り組める課題とそうでない課題」に分けましょう。

 

自分がどれだけ努力しても何も変わらないかもしれないことに取り組むことは時間の浪費ですし、努力した結果何も自体が良くなっていないという結果を受けるとさらに落ち込んだりイライラする原因になります。

 

自問する上で助けになるのは、やはり5W1Hの質問です。

  • なぜ?
  • 何が?何に?
  • どうやったら?
  • いつそのイライラは発生している?
  • どこでいつも発生する?

 

このようにいつも自分がイライラする状況をテーマごとに分析し、そのパターンを理解しましょう。

 

私がコロナのときに取り組んだ課題

私はペットを飼っていませんが、隣の方も下の階の方も同じアパートの棟の他の部屋の方はすべて犬を飼っています。小型犬~大型犬までです。入居時には契約書には「ペット不可」と書いてあったのに大家さんが許可していると後から聞きました。

 

それ以外に周辺住民の騒音(音楽)があり、仕事は非常にイライラしました。

 

コロナの影響もあり、好きな外出も減りずっと家にいる生活だけでもストレスが溜まっていました。

私が自分を変えるために行なった思考の調整

犬の吠え声
  • 犬が吠えるのは「不安」な気持ちがあるから(反応を変える)
  • 犬は本能的に反応しており、他人の犬だから私がコントロールできない(コントロールできないことに時間を取らない)
  • その犬の吠え声は聴きざわりではあるが、実際に仕事に深刻な影響を及ぼしたことがないという事実がある(自分の期待値を下げる)

 

近隣住民の騒音
  • 市役所経由でクレームを入れた(自分ができることをやった)
  • 相手の感情を配慮した書き方の手紙を出す(自分ができることをやった)
  • 1日中騒音があるわけではない、数時間のときもあるため、相手なりに努力しているのかもしれないとポジティブに受け止める(自分の思考の調整)

 

もちろんより強い仕方で当事者にクレームを伝えることもできました。しかし、自分の中で道理に適う範囲でできることを行ない、あとは自分の調整することに注力しました。

 

その結果、以前ほどイライラすることがなくなりました。今自分はイライラしそうな状況だとわかったら、相手への理解を示す(イライラの原因への反応を変える)ことによって、自分自身の訓練になりました。

 

まとめ

完全にイライラがなくなることなんかありません。それを期待することは非現実的です。それよりもむしろネガティブな感情に支配されず、問題を分類し、それごとに対処するほうが良いと実感できると、自分への自信がひとつつきます。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今後も少しでも有益な情報を伝えていきたいと思っています。私のモチベーションにもなるので、この記事を読んで共感した!よかった。と思ったら下の「いいね!」ボタンをポチっとお願いします。こういう記事を書いてほしい!という要望がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からリクエストしてください。お待ちしております。

私が「自分らしさ」を発見し、まわりの人も「笑顔」になったわけを無料で公開!

このE-bookでは

  • あなたの性格は本当に親からの遺伝なの?!
  • あなたの変化を阻む最大の敵「〇〇〇〇」
  • A4用紙の質問に答えるだけでわかるあなたの性格分析シート

などについて解説しています。

今のうちにゲットしてください。

ダウンロードしてくださる方には
ここでは言えない『特典』も付いています。

詳しくはダウンロードページで。

この記事を書いている人 - WRITER -
【働く戦士サポート心理カウンセラー】 8年間で10,000人以上のお客様のPCサポート実績 現在はTA交流分析に基づいて職場で悩んでいる方に寄り添うカウンセリング・セミナーをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く戦士サポート心理カウンセラーサイト , 2020 All Rights Reserved.